初めての方へ

はじめまして。まっく体操クラブです!

昨今は、運動が多様化しプロスポーツからアマチュアスポーツ、子供から大人まで多種多様になってきています。大変望ましいことです。しかし、ややもすると日本のスポーツは、まだ小さいのに勝敗をこだわったり、技術向上に血道を上げてしまう傾向があります。

まっく体操クラブは、子供時代は「人と競わず動く楽しさを身に付ける時期」と位置づけ指導に当たっています。それは、第一に子供のカラダはまだ未発達で年齢を越えた負荷がカラダにかかることを防いだり、まだまだスタートしたばかりなのに「出来ない」とか「負けた」からと運動嫌いになったり劣等感を持つことなどを防ぐためです。技術の向上や勝ち負けは高校生ぐらいからで充分です。

まっく体操クラブは、子供時代にはカラダを動かし、子供同士がまみれ合うことが大切と考えています。「出来ない子供には(何度でも)やらせる」であったり「知らないことがあったら(分かるように)教える」がモットーです。ぜひ、まっく体操クラブで運動に対する正しい考え方と方法を身に付けていただきたいと思います。

まずは、無料体験教室&無料見学をご活用ください。

運動が好きになる!遊びが楽しくなる!

我が子がなぜ跳べないのか、どんなことをするのか、短期教室もあります。

鉄棒で逆上がりが出来ない、他にどんな種目をするのか、短期教室もあります。

カラダが硬い、運動会の種目をマスターしたい、どんなことをするのか、短期教室もあります。

運動神経は遺伝するのか、カラダが硬いが柔軟なカラダになるか?

まずは、短期教室(2か月間や春夏4日間)もありますので、お気軽にお問い合わせください。

まっく体操クラブの名称

まっく体操クラブは、運動を通して健康なカラダとこころと仲間づくりが大切だと考え、
名称を『 Mind Activity Communication 』の3つの頭文字をとって命名しました。
まっく体操クラブの想いがこの3文字の中に込められています。

Mind Activity Communication

まっく体操クラブは、活力のある丈夫なカラダづくりだけでなくそれに伴う豊で思い遣りのある心も一緒に育てるべきだと考えています。そのひとつとして生まれ順で性格が異なることを開発、運動の指導時や子供同士の交流の場、お母さんの子育てにも役立てています。
まっく体操クラブは、生涯カラダが健康で楽しく豊かな人生を送ることが最も幸せではないかと思い、常によいコンデションを維持できるカラダづくりの実践と方法の指導に努めています。 その第一歩は、子供時代に「自分のために自らが進んで行う運動という正しい認識」を身に付けてもらうことだと考えています。
子供は、転んでも転んでも立ち上がり、嫌なことがあってもすぐ忘れたり、本能的に人を許す天性を持っています。ところが最近ではその子供社会が親の心配のタネになりつつあります。 運動は、子供同士が力を出し合ったり、走ったり、触れ合ってお互いを肌で感じることでさらに理解と信頼関係が育ちます。まっく体操クラブでは、それをフィジカルコミュニケーション(カラダを通した会話)と位置づけ指導に当たっています。
まっく体操クラブの無料体験教室 パンフレットダウンロード まっくニュースBlog

はじめよう!器械運動

書籍イメージ「逆上がりの練習法は100%間違い」「とび箱は恐怖心で跳べない」などの解決法を紹介。
 
著/監修:
向井 忠義
ベースボールマガジン社 
定価:1,500円+税

図解:なわとび運動インパクト
なわとび運動
5分間マスター法

書籍イメージ なわとび運動を楽しく練習することができる一冊。
 
著:向井 忠義
愛文舎
定価:950円 ご購入はこちら

図解:跳び箱運動インパクト
開脚跳び
10分間マスター法

書籍イメージ 『体育』指導員の方にぜひ読んでほしい一冊。
 
著:向井 忠義
愛文舎
定価:1,200円 ご購入はこちら
NHKキャラクターたちが応援する幼児教材:やったね。
ページの上部へ