教室風景

下記内容は、全クラス対応しております。詳しくは、各クラスのページをご覧ください。

跳び箱運動

跳び箱運動

開脚跳び/閉脚跳び/台上前転/側転跳び/転回跳びなど
跳び箱を跳べない子供のほとんどが、運動能力や体力がないからではなく、「跳び箱が怖い」という心理的な問題です。まっくは、子供のこころとカラダの発育、発達を専門家の立場で分析し恐怖心を取り除いてから跳ばせます。小学3年生以上であれば誰でも6段は跳べます。

鉄棒運動

鉄棒運動

逆上がり/前まわり/中抜き/連続前まわり、後ろまわりなど
逆上がりが出来ないのは、床や壁を蹴って行う練習法が間違っているからです。「蹴る動作」は、カラダの背面の筋肉を使いますが、逆上がりは、カラダの前面を使う運動なので真逆の運動をしていることになり効果が出ません。まっくは、関節の強化をしながら、正しい練習法で行うので効果が上がります。

マット運動

マット運動

前、後転/逆立ち/側転/ハンドスプリングなど
マット運動で転がったり、逆立ちや側転などいろいろな種目を行うことは、どんな状態でも対応できる身体能力と全身の筋肉のバランス良い発育、関節の強化です。それには、解剖学や運動生理学などカラダに対する「正しい知識」が大8切です。まっくのスタッフが、全員体育大学卒業生である所以です。

縄跳び運動

縄跳び運動

前、後ろまわしとび/二重とび/あやとび/交差とび/ハヤブサとび/武蔵とび/長縄とびなど
前回しとびでは「手の平を上」に、あやとびは「手の甲を上」にします。この「コツ」が分かればあやとびは簡単にマスター出来ます。もうひとつのポイントは、肘の使い方の要領が分かることです。まっくは、ただとばせるだけでなく、「コツと要領」を教えながら練習を行うので効果が上がります。

ボール運動

ボール運動

ボールキャッチ/ボール投げ/ボールキック/ボールドリブル/ボールゲームなど
ボールが嫌いになる原因は、突き指です。対人でキャッチボールを始めると広い視野から狭い視野にボールが移動するので自分に近づくにつれ視野が狭くなりボールのスピードを速く感じて手を出すため起きます。まっくは、対人ではなくボールを追いかけることから始めるので突き指なしでボールへの対応能力が身につきます。

体育遊びゲーム

体育遊びゲーム

まっくは、多種多様のゲームを行います。ゲームには、敏捷性や判断力、持久力やバランス感覚など子供の発育に必要なあらゆるものが含まれています。もちろん、最近の子供に多い「精神的なストレスの解消法」としても見逃せません。子供にとってゲームは、カラダと心に効く「栄養の宝庫」です。

仲間づくり

仲間づくり

コマやたこあげ、ゴム跳びや鬼ごっこは、相手が居なければ出来きませんが、最近は、お互いに協力し合ってする遊びが少なくなりました。
まっく体操クラブは、手をつないだり、チームで競い合うなどお互いが協力し合ってゲームをすることで相手の温もりや強さ、柔らかさなどを知り見て知る以上にお互いの内面を知り合う場を提供します。

生活

生活

日本には、いつでも「良い姿勢」をするようにという伝統的なしつけの文化があります。とても大切なことです。良い姿勢を保つ背骨には、全身を動かす神経が通あり、背骨に歪みが出ると集中力が無くなる、咳が出やすい、寝起きが悪い、食が細いなどいろいろ困った症状が出ます。
まっく体操クラブは、運動で筋肉を強くして食事や勉強の時背骨を伸ばす、テレビは正面から見るなど姿勢が歪まないような生活態度を身に付けてもらいます。

まっく体操クラブの無料体験教室 パンフレットダウンロード まっくニュースBlog

はじめよう!器械運動

書籍イメージ「逆上がりの練習法は100%間違い」「とび箱は恐怖心で跳べない」などの解決法を紹介。
 
著/監修:
向井 忠義
ベースボールマガジン社 
定価:1,500円+税

図解:なわとび運動インパクト
なわとび運動
5分間マスター法

書籍イメージ なわとび運動を楽しく練習することができる一冊。
 
著:向井 忠義
愛文舎
定価:950円 ご購入はこちら

図解:跳び箱運動インパクト
開脚跳び
10分間マスター法

書籍イメージ 『体育』指導員の方にぜひ読んでほしい一冊。
 
著:向井 忠義
愛文舎
定価:1,200円 ご購入はこちら
NHKキャラクターたちが応援する幼児教材:やったね。
ページの上部へ